■『いっぴん』プロジェクト

和装の職人による秀逸なる「逸品」を世界で唯一無二の「一品」に生まれ変わらせるプロジェクトです。
着物や帯をリメイクし、時代のニーズに沿った新しい価値を合わせ持った商品を制作致します。

第一弾として、留袖をほどいて制作した『ひよけかさ』を販売致します。



商品をみる→



■プロジェクトの背景
現在着物は「特別な日に着る衣装」として捉えられ、所有願望の低下や着用頻度の低さにより、日本人の着物離れが加速しております。

その一方で、海外の方からの関心の高さや、若年層のSNS上で’’映える’’「特別な日を楽しむ衣装」としてレンタル着物の需要があるのもの現状です。
堀田丸正株式会社とその子会社である株式会社吉利は、伝統的な職人たちの技法や、それにより仕立てられた商品を「日常」に感じて貰うため、挑戦し制作致しました。




 

■『ひよけかさ』

着物それぞれの「染柄」や「刺繍」などの特徴を生かし、職人が1本1本丁寧に加工しており、同じものが一つとしてありません。
「逸品」を「一品」にするコンセプトにあった商品です。

 

今回、「黒留」シリーズ  柄 ・「色留」シリーズ  柄
をご用意しました
世界に1本、貴方だけの「いっぴん」を是非お試しください
※各柄1本のみのご用意です


商品をみる→